TRIO' 第6弾
TRIO61
1. O Holy Night/オー ホーリー
item5

   このアルバムのテーマは「Amazing Grace=「驚くばかりの恵み」です。すべての曲が賛美歌です。そしてそれらはみな、この「驚くばかりの恵み」を土台として書かれています。「こんなオレなんかに何故こんなにも良くしてくるの?」という驚くばかりの恵み•••。

   実は、この曲解説は演奏とは直接関係がありません。演奏については、10年をかけて喧嘩もせずに培ってきたTRIO'(トリオッ)というグループの三人それぞれが、この恵まれた出会いを喜んで、「今」という空間の中でただ黙々と音を紡いでいる。それ以上の何ものでもありません。

 私はこの解説を演奏の解説としてではなく、曲の解説として書きました。それは少なくとも演奏する私の土台の部分に関係があるということと、このようにして、思いもしなかった皆さんへの語りかけになれば、という思いから作りました。このCDは、TRIO’の演奏と賛美歌の解説という、いわば二倍をお楽しみいただけるように出来ています。この解説をお読みいただき、なんだそういうことだったのか・・と、賛美歌に対しての理解を深めていただければこの上ない喜びです。

----------------------------------------------

The theme of this album is "Amazing Grace" and all the songs in this album are so called Hymns. The songs are based on this "Amazing Grace" which means to say "Why are you doing so good to me!"

Actually this liner notes for these songs have nothing much to do with our Jazz performance. Our performance is an expression of joy of music in the time of "Now" for the group called Trio' which three of us played together for ten years without any fights. I hope you can feel the music by pure music lovers like us “Trio”

 

I am writing liner notes for explanations of the lyrics of hymns not explanations of our performance.

For these hymns in this CD have some importance and are backbones of my life so I wanted to share with you.

You may enjoy music performance of Trio as well as enjoy knowing some meanings of hymns when you play this CD. That may be double blessings to some of you.

It is my heart desire for you.

 

item8

 

1. O Holy Night / オー・ホーリー・ナイト 【Adolpfe Adam】

 お馴染みのクリスマスの曲。このアルバムの表紙はイエス・キリストが誕生したベツレヘムの丘からの景色です。 ここに神が人の姿をとってお生まれになったというのですから、私たちの想像の域をちょっと超えてしまっている話ですね。そしてこの神の御子は三十才余りで十字架刑で死ぬことになります。しかもこれが初めからの神の計画だったというのです。イエス・キリストは家畜小屋の飼葉桶という、この世で最も低いところからその生涯を始められました。それはすべての人のためにご自分の命を捨てるという生涯を象徴しているかのようです。

 

This song is well known Christmas song. The cover photo of this album is taken from the hillside of Bethlehem where Christ Jesus was born.

As we are told that the Son of God was born here as human, the event was too far from our imagination.

The son of God namely Jesus was to be killed when he was just over thirty years of age on the cross. And we were told that His Death on the cross was the plan of God from the very beginning.

Jesus Christ has begun his life at the lowest place in the society. He was born in a manger for the cattle. This is very symbolic place for him as he will give his life for the people of the world.

 

 

              item9

 

 

2. The Old Rugged Cross / 丘に立てる荒削りの 【George Bennard 聖歌402番】

荒削りの十字架。キリストがお生まれになったあと、一挙に最後のクライマックス、十字架へと曲は飛びます。十字架はファッションとして世界中に氾濫していますが、その意味が何であるかについてはほとんど意に介されていません。十字架を首にぶら下げていると何となくお守りみたいな気分になるのでしょうか。十字架は世界で最も残酷な死刑の方法なのですが・・。

歌詞を見ると1〜4番で毎回、十字架でイエスは私を贖(あがな)った、十字架の悩みは我が罪のためと歌っています。全く意味不明という方も多いかと思います。大きなお世話だし、罪のためという言葉が何を言ってるのか全然わからない。

 ここにひとつの鍵があります。それは「天と地とその中のすべてのものをお造りになった神」です。その鍵を使えば言葉が見えて来ます。もともとそんな方などいないと思っていれば、意味不明は当然かもしれません。これらの賛美歌の難解な言葉はすべて「神が人も天地もすべてを造られた」というところから発しています。

 

Rugged cross! The first song in this CD was about His birth, then the next song leads you to the Cross, the climax of his end. The cross was famous as a fashion for accessories but the real meaning of the cross of Christ was not mentioned often.

For some people the cross was an amulet, though the Cross was most cruel way of death penalty of those days. When you see the it says The cross of Jesus atoned for us, the sufferings of the Cross was for me.

For some people these Lyrics do not make sense and the word Sin does not relate to you.

Here is the key to understand this song. The Key is to realize there is God who made heaven and earth and everything in it. When you realize God who there and who is the Creator of Heaven and Earth,

you may begin to understand the depth of old hymns.

3. He Is Our Peace / 主イエスの十字架の血で 【Martin Nystrom 訳詞:安田諭】

こちらも十字架。しかも「十字架の血で」というのですから穏やかではありません。ちょっと歌詞を見てみましょう。主イエスの十字架の血で・私はゆるされ・み神と和解をして・平安を得ました・だから今すべての悩みをゆだねよう・主は心に平和を満たしてくださる・・。

 この「平安を得た」ということば、私流に表現すれば「自分の本当の家に帰った感じ」。神が我らを造られたのなら、そこに帰って初めて真の平安があろうというもの。ところが人々はこの神に向かって「お前なんか知らないよ」と言っている。だとしたらそれは家出状態 = 親との断絶状態です。この歌詞はこの家出人がゆるされ、お父さんである神と和解をして、家に帰り、平安を得た。どのようにしてかというと「主イエスの十字架の血で」と歌っているわけです。

 「主イエスの十字架の血で」とは一体、どういうことでしょうか。旧約聖書に登場する、神に選ばれたイスラエル人たちは、罪が赦されるために毎日のように牛や羊をいけにえとしてささげていました。神の前に罪を告白し、そのためのいけにえをほふり、流された動物の血を祭壇の周りに注ぐと、その罪はゆるされました。そのことによって、民はいつも神のゆるしの中で歩んでいることを覚え、神との関係を保っていました。そしてそれは、その後にやってくるメシヤ(救世主・キリスト)による救いの型でした。神の民イスラエルのためだけではなく、すべての人の罪をゆるすために、神の御子イエス・キリストが人の姿をとって地上に来られ、私たちの罪を負って自ら十字架に掛かり、苦しみ、血を流され、それを人々が見上げるようにされた・・。「わたしがあなたの罪のためのいけにえになったのですよ。」「あなたがたの罪は全部、わたしがここで負って血を流したのです。」「さあ、これを見て父なる神のもとへ帰りなさい。」・・と。それにしても、どうして私たちの罪を負うとあのような悲惨な刑になるのでしょうか。それは、それほどまでに私たちの罪が根深く、傲慢、不遜なものだからです。神は、このキリストの十字架を自分の罪のためのあがないだと信じるすべての者の罪を赦し、彼らを皆、ご自分の子として、天の御国の相続者として豊かな関係を与えようと、あなたを招かれているのです。あのイエス・キリストの十字架は、私たちの罪の重さ、また同時にそのゆるしの大きさ深さ、そしてその根本にある神の愛、そのすべてを現しています。「神はあなたを愛している!」とはこういう意味なのです。

 

This song also relates to the Cross. Japanese title says ' By the blood of the Lord Jesus'

The lyrics goes like ' He is our peace Who has broken down every wall,

He is our peace, He is our peace. He is our peace

Who has broken down every wall, He is our peace, He is our peace.

Cast all your cares on Him, For He cares for you,

He is our peace, He is our peace.'

 

Peace here is like a feeling of which you go back home where your loving family are waiting.

When we can rest at the place of God's Creation there is peace, but for many of us we don't accept God who is the Creator, nor worship God. Indeed we are like runaways from God. So our relationship with God is broken. This song is telling us that we are welcome back home to the father with the help of the blood of Jesus for reconciliation.

What is the meaning of the Blood of Jesus? In the days of Old Testament, The people of Israel, God's chosen ones are to give sacrifices to God for the forgiveness of their sins , the sacrifices such as sheep and cows, They killed these animals at the alter so that their sins were forgiven because of the sacrificial death of these animals. That was the idea of forgiveness of sin. Some life was to be taken and to be cut off for our forgiveness of our sin and from the penalties.

That was the prototype of the Death on the Cross of Jesus.

Jesus came and took all of our sin and penalties on our behalf on the cross so that we may be forgiven and can renew the fellowship with the God the Father and the Creator.

God will forgive those who believe in Jesus as their savor for He died on their behalf for atonement.

God invites us to come to Jesus for peace with God

 

 

              item10

 

 

4. In Christ Jesus / キリストの中に 〜 In His Time / 御手の中で

 In Christ Jesus / キリストの中に 【岩渕まこと 作詞:関根一夫】

 キリストの中に神の栄光が輝き、神の御姿が現されている・・と歌います。キリストが私たちに示された究極の姿、それは神の愛です。聖書にある最も重い一言、それは・・「神は愛です」ヨハネの手紙第一 4章16節 だから神の愛を見た人=キリストを見た人は神の栄光の輝き、神の御姿を見たのです。

 歌詞はこのあと・・さらに深くキリストの恵みとみことばを求めながら進みゆこう・・と続きます。我らと神の関係は、まず最初に神が愛してくださった、その愛を本当のこととして受け取ることによって始まり、神と共に歩み始めます。

・・・私はキリストとともに十字架につけられました。もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。ガラテヤ書2:20

 

"There is God's Glory shinning in Christ and image of God has clearly seen in Jesus the Son of God"

this song says to us.

The final and most important image of God was seen in Jesus that was the image of the Love of God. "God is love” says in the Bible (1John 4:16)

Then this song encourages us to keep on seeking the Grace of Christ and the Word of God as we live day to day. We are to start walking with God by knowing His Love and keep on knowing His Love is the Key to our lives.

Paul says “I have been crucified with Christ and I no longer live, but Christ lives in me. The life I now live in the body, I live by faith in the Son of God,” (Galatians 2:20)

 

  In His Time / 御手の中で 【Diane Ball 訳詞:関根弘興】

 こちらも神である主と共に歩む、その歩みについて歌っています。御手の中ですべては変わる、賛美に・・と。すべてがうまく行っているときは、神に感謝したりすることはあるかも知れませんが、困難の中に置かれたとき、そんな状況の中で神を賛美することがあるでしょうか。しかしここでは「御手の中ですべては変わる」と歌っています。「すべて」というのですから困難もその中に含まれます。ただ条件があって、それは「御手の中で」というわけです。御手の中とは人と神との関係が回復している状態、すなわち家出した者がゆるされて帰ってきたところです。そしてそこではすべてが感謝に、賛美に変わる・・と歌っています。

 

In His time, every thing was known by God and in His time things are changing.

When we have good time we can sing praise to God rather easy, but even when we have bad times as God knows it we should be able to praise God as usual. But it is very important to realize to be able to sing praises at anytime is when we are in His hand or when we are deeply related to God in our life. The runaways need to return home to God for the praise and thanks giving. Indeed the life will change from sorrow to praise.

 

5. Amazing Grace / アメイジング・グレイス 〔作曲者不詳 作詞:John Newton

 このアルバムのタイトル曲です。日本語の聖歌229番では「驚くばかりの恵みなりき」という言葉から始まります。あの十字架を見上げるとき、自分のすべてを神はご存知なのに、こんな自分の罪のためにイエス・キリストが十字架に掛かられ、神の裁きを引き受けて下さった?・・これが神の愛?  そしてその愛は「すべて」の人に向けられたもの?•••と、受けるにまったく相応しくない者に対価なしに与えられる、文字通りの「恵み」に心底驚きます。

  驚くばかりの恵みなりき この身の汚れを知る我に・・

作詞をしたジョン・ニュートンという人は奴隷商人でした。彼は自分のことを「この身の汚れを知る我」と言ったのです。誰でも、自分はあの人より少しはマシだ、なんて思うことがあるでしょう。でも自分の心の中が常に丸見えになってしまうとしたら、人前になどとても出られるものではありません。にもかかわらず、そこらへんの人よりは少しはマシだと思っているとしたら、それだけで立派な「どうしようもない人間」です。でもどうしようもない自分の真の姿を認め、そこでイエス・キリストの十字架を見上げれば、その人は「驚くばかりの恵み」の前に立っているのです。二番の歌詞はこう言っています。

恵みは我が身の恐れを消し、任する心を起こさせたり・・

イエス・キリストがすべての罪を負ってくださったから、もう何も責められることはないとわかったとき、恐れは消えた・・。そして自分を救い主に任せようという心が芽ばえたというのです。

 

Amazing Grace

Amazing Grace is the title of this CD.   

The title of this song in Japanese is "Amazing Grace indeed"

Though God knows who we are, sinful men and women, He sent Jesus for us and He died on a cross on our behalf, the Bible tells us this is the Love of God. The Love of God has been shared to you and me.  God’s love has been given to us who are unworthy to receive it. We realize all this is Grace of God indeed.

 

“Amazing Grace how sweet the sound that saved a wretch like me” the song starts.

The writer of this hymn is John Newton. he was a slave trader ans was sure to know that he was a wretched man. He knew that his life needed to be changed.

 

Some of us may often feel that we are better than other people and look down on them, but if our hearts have been shown openly in public we may be ashamed of what we often think inside and we know we are no better than others.

Yes, we all are wretched persons before God. Amazing Grace is for these who are wretched and have darkness inside. When we look up the Cross of Jesus just as we really are, we are gazing “Amazing Grace”.

 

The second verse says

"T'was Grace that taught my heart to fear. And Grace, my fears relieved."

Once we were fearful before God because of our sins and God's wrath to us, but as Jesus took them for us on the cross all the fears were gone. When fears were gone from us the heart to trust God started to grow from within.

 

 

           item11       

 

 

6. The power to love / 愛する力 【作曲:岩渕まこと 作詞:関根一夫】

愛する力、ゆるす力、いやす力、イエス様の中からあふれ流れて、私の心を潤します、と歌います。賛美歌の中で語られる愛は、私たちが日常でイメージする愛とは別のものだと思った方がいいかも知れません。私たちは自分が気に入れば愛しますが、気に入らなければ愛さない。簡単に言えば自己中心の愛です。しかし神の愛は、そのような愛とはちょっと質が違うようです。家を出て行った者に対して、ご自分のひとり子を人の形で遣わし、十字架につけて、これを見よと言われたのです。イエスは十字架にかかって死ぬというご自分の使命が初めからわかっておられました。それは恐ろしいことで、十字架にかかられる前に「父よ、この杯を私から過ぎ去らせて下さい。しかし、私の願うようにではなく,あなたのみこころのように、なさってください。」と祈った程です。イエスはこのとき、苦しみもだえて、汗が血のしずくのように地に落ちたと書いてあります。それでもイエスは、反逆児の私たちが父なる神のもとにかえって永遠のいのちを得るために、血を絞り出すような愛をもって十字架に向かわれ、自らのいのちを差し出されたのです。これが私たちをゆるすために激しく苦しみ、死にまで至った、神の愛の姿です。愛する力・・それはイエス様の中からあふれ流れる。私をそしてあなたを本当に潤す愛はそこにしかないと歌います。

 

Power to Love , power to forgive, power to heal came out from Jesus and fill our soul, the song goes.

The love which the hymn mentioned may be a little different to what we normally use the word Love.

We love when we feel like doing it, but we don't love if we don't like him or her. This kind of Love is selfish love and normal human love.

God's love is different to human way of love. God's love is so vast and unconditional as His love welcome to accept runaways like us.

God has placed Jesus on the cross so that people like runaways may be forgiven. Though Jesus himself has to suffer a lot as he prayed with blood and sweat and tears to say to the father to let this cup away from him, He pressed on to the cross to take all the judgement so that the sinful people may be forgiven.

The bible teaches us the Love of God by pointing out the suffering of God's son Jesus on the cross for all of humanity. The power to love derives indeed from Jesus as it was shown on the cross.

 

7. Holy, Holy Spirit / 聖い御霊よ 【作詞作曲:岩渕まこと】

 ここに「御霊(みたま)」という言葉が出てきます。きよい御霊よこの私を満たしてください、と歌います。 神は三位一体で、父なる神、御子イエス、そして聖霊/みたま が、ひとつの神だと言うのです。これも我らの想像の領域を完全に超えています。

イエス・キリストはご自分が十字架にかけられる前に弟子たちに聖霊について教えました。この方は「もうひとりの助け主・弁護者・慰め主」と呼ばれ、また「真理の御霊」とも呼ばれると教えました。

イエス・キリストと同じ愛、恵み、力をもっている別の助け主、その方こそ聖霊なのだというのです。ですから、イエス・キリストが目に見える形で地上にいなくても、信じている人たちにとっては聖霊によってキリストが共にいてくださることが分かるのです。またイエス・キリストの教えを思い起こさせ、神の正しい知恵を理解できるように聖霊が働いてくださるのです。

 御霊は私たちが神を知るために,神から送られる神の霊。聖霊によって人はその心に、一点の曇りもない聖なる神の思いを書き付けられます。だから、肉体の内に宿る自己中心の性質を抱えつつも、きよい御霊よこの私をもっともっと満たしてくださいと願うようになるのです。

•••この希望は失望に終わることがありません。なぜなら、私たちに与えられた聖霊によって、神の愛が私たちの心に注がれているからです。ローマ人への手紙5:5

 

This song is talking about the Holy Spirit. "Holy holy spirit fill a person like me" this song goes.

God is triune God, God the father , God the Son, and The Holy Spirit. It is very difficult to explain and is difficult to understand to us.

Jesus taught about the Holy Spirit to his disciples that This Holy Spirit is called “Another counselor, another helper" for He has the same love ,same power and same grace that Jesus has.

Also the Holy Spirit is called the Spirit of Truth which means the Holy Spirit teach us God's truth and he helps us to understand what Jesus had taught.

By this Holy Spirit we may know who God is and God make our heart so

clear to understand what God is speaking to us by the work of the Holy Spirit.

Paul has written in the letter to Romans 5:5

"Now hope does not disappoint, because the love of God has been poured out in our hearts by the Holy Spirit who was given to us."

 

 

       item12 

 

 

8. Wait on The Lord / 待ち望め主を 【岩渕まこと 詩編27編14節】

 待ち望め主を。雄々しくあれ。心を強くせよ。待ち望め主を・・。この歌詞は聖書のことばそのままです。

 聖書によるとパウロは手紙の中で「私があなたがたに最もたいせつなこととして伝えたこと」として三つのことを挙げています。キリストが私たちの罪のために死なれたこと、また葬られたこと、そして三日目によみがえったこと。この三つです。▷罪のために死なれたことは理解されても、復活されたことについては人々は「ああそう、復活ね」と言って、耳と頭の中を通り過ぎてしまいます。 二番目の葬られたことというのは、本当に死んだという意味です。それがよみがえってケパ(ペテロ)に現れ、12弟子に現れ、500人以上の兄弟たちに同時に現れ、ヤコブ、使徒たちすべてに現れた・・と、キリストが復活されたことを最もたいせつなこととして強調しています。▷そしてこう付け加えています。・・もし、私たちがこの世にあってキリストに単なる希望を置いているだけなら、私たちは、すべての人の中で一番哀れな者です。しかし、今やキリストは、眠った者の初穂として死者の中からよみがえられました。・・と。どうやらキリストの復活は最重要ポイントのようです。

 死の壁が取り除かれました。話はその先に続いているのです。キリストが眠った者の初穂としてよみがえられたというのは、そのあとに人がよみがえるという話です。次の言葉は聖書の中で最も有名な一節です。

 神は実にそのひとり子をお与えになったほどに世を愛された。それは御子を信じる者がひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。ヨハネの福音書3:16

 「永遠のいのち」は絵空事ではないということになります。イエスは「天の御国」について多くのことを話されています。地上で神のもとに立ち返る者とされた人々は、主がもう一度やってきて、死者も生きている者も朽ちないものに変えられて、天の御国に招き入れられることを信じて待ち望んでいます。なぜって、キリストは眠った者の初穂としてよみがえられたのだから・・。

 今世界は人の罪の中でコントロールされています。政治も金融も戦争も飢饉も、その中で犠牲になる人々は虫けらのように死んでいきます。けれど今、飢えて死のうとしている人でも、キリストの十字架を見上げ、主の御名を呼び求めるとき、その場で永遠のいのちをいただく者とされる。待ち望め主を、雄々しくあれ、心を強くせよ・・。これは雄々しい姿とは無縁の、心が萎えてしまった人たちも受け取ることのできる勝利のことばなのです。

This song comes from Psalms 27:14

Wait on the Lord;

Be of good courage,

And He shall strengthen your heart;

Wait, I say, on the Lord!

Apostle Paul has written in his letter to 1Corinthians15

3 For I delivered to you first of all that which I also received: that Christ died for our sins according to the Scriptures, 4 and that He was buried, and that He rose again the third day according to the Scriptures, 5 and that He was seen by Cephas, then by the twelve. 6 After that He was seen by over five hundred brethren at once, of whom the greater part remain to the present, but some have fallen asleep. 7 After that He was seen by James, then by all the apostles. 8 Then last of all He was seen by me also, as by one born out of due time.

For Paul the resurrection of Jesus is especially important thing.

According to the Bible Death is not the end of the story. As Christ raised from the dead means those who believed in Him also have hope to live again with Christ.

One of the most important words in the Bible is this in John's Gospel

3:16 For God so loved the world that He gave His only begotten Son, that whoever believes in Him should not perish but have everlasting life.

There is great hope in Jesus, forgiveness of sins, life after death, changing from Glory to glory. So this song also is very meaningful to be sung.

 

9. God Bless You / ガッド・ブレス・ユー 【岩渕まこと 作詞:関根一夫】

 God Bless You. は神の祝福がありますようにという意味です。比較的気軽に交わされる言葉です。元気でね・・、といった感じで。でもここに歌われている祝福の言葉は、あなたの心と体とすべてのいとなみが守られ、ささえられ、喜びあふれますように、というものです。喜び・・それは本当の自分の家に帰ったときの喜び。主の愛の中に生かされて歩む喜び。その喜びがあなたの中からあふれて流れ出て、今度は人々をうるおすようになりますように。God Bless You ! 単なる挨拶ではない、まことの祝福が、これを読まれたあなたの上にありますように。

                           

God Bless You! This is a common word for greetings but real blessings from God, just like returning home of runaways with great forgiveness and welcome, Blessings of living in the holy presence of God, Joy of knowing the savor and joy of being known by God Himself in His Love,

May God Bless You as you have read these massages of the songs.

Blessings to You all!

             アイプロデュース 市原 康 / i-produce Yasushi chihara 

                      英訳・関根一夫 / English translation / Kazuo Sekine

 

ハイレゾ配信開始